最新の霊園情報まとめ

霊園の管理を専門業者に任せる方法もあります

霊園の管理を専門業者に任せる方法もあります 霊園の管理を行ってくれる専門の事業者もいます。
近間に求めたはずの霊園が、家族の転勤や引越しなどにより遠くの地になってしまったり、いずれ戻ってくるのは確実だけれど、仕事の都合で一時地元を離れなければならない等の事情でお墓のお参りや管理が出来ない場合にはこのような事業者に依頼するのがおすすめです。
事業者にお願い出来るのは、お墓の簡単な掃除や草取り、定期的にお墓に不具合がないか点検したり、墓石の汚れを手作業で落とす等の作業があります。
お盆やお彼岸の前の掃除や樹木の剪定等も可能です。
予算とのかねあいがあるので事業者と相談して依頼する内容を決めていきます。
また、命日やお盆、お彼岸にお墓参りに行けない場合には代参をお願いすることもできます。
お花、水、線香等あげて縁故者にかわってお参りしてくれますし、後日それらを綺麗に片づけ、清掃をしてくれるのでいつも清潔が保たれ、遠くにいても安心できます。
事業者は霊園設置者の許可等を得て出入りしていることが多いですが、わからない時には設置者に問い合わせたり、優良石材店や仏具店などに相談するのもよいです。
金額は管理内容によって異なりますが、およそ一式1万5千円位から年数回の定期清掃等で8万円くらいと考えればよいようです。

霊園も管理全般は有志が行う時代になりました

霊園も管理全般は有志が行う時代になりました かつて霊園というと、専属の職員さんが日々手入れを行い、施設維持に努めてくれたおかげで我々来園者も気持ち穏やかに先祖のことを思うことができていました。
が昨今、霊園の管理について少しずつ時代の変遷がみられるようになってきています。
と言いますのも、埋葬の仕方に変化が現れているからです。
それは、他でもない樹木葬という形です。
先立つ方々が、自分のことで家族や親族、それにお世話になった方々に対してこれ以上迷惑をかけたくないということから、簡素で負担のできるだけ少ない形を生前に言い残すようになったからですね。
初めて聞く方などからすると、何とも味気なくお参りする時などもどこへ出向いて話しをしてよいのやら、といった戸惑いをもつのではないかと思います。
十人十色でしょうが、故人の想いをどこまで汲み取るのか、家族がどれだけ故人のことを思い遣るのかによってさまざまな埋葬の仕方になることは禁じえません。
以上のことから、霊園の管理については様々な想いが集合している場所とはいえ、これからの時代は有志の方々による施設維持を考えるのも避けられない状況ですよね。
シンプルな仕事ではあるけれども、実は有志の方々にも力を借りながら故人の成仏にはできうる限り尽力していくのが残された者たちの当たり前の務めではないでしょうか。

お墓に関する情報リンク

移転で霊園をお探しなら